トップ / 首都圏の医師の深刻な問題

東京都

首都圏における医師不足について

世界の最先端を歩んでいると思われがちな首都圏の医療現場ですが、実は深刻な問題があります。それは多数の医師の不足でその状況は中東レベル並ということだから驚きです。意外にも人口10万人当たりの地域別の医者人数は四国や九州北部より大きく下回っています。また特に東京以外の埼玉県や千葉県での不足は深刻で、東京と倍ほどの差があります。いざという時近くに医療機関がないと診療を受けるのもお見舞いに行くのにも多大な労力が必要となってしまいます。安心した毎日を送るために解消されるべき問題となっています。

首都圏の医師の働き方とは

首都圏には、医師が活躍をしている医療機関が増えてきており、具体的な仕事内容や勤務条件などをきちんと確認することが有効です。現在のところ、優れた経験を有するスタッフの役割について、様々な病院やクリニックにおいて、度々紹介されることがあるため、早いうちに必要な情報を得ることが良いでしょう。また、日ごろから定評のある医療機関の最新の実績に注目をすることにより、満足のゆくまで働き方を検討することが出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師免許を取るまでの流れ. All rights reserved.