トップ / 多忙な医師の支えとは

東京都

医師の多忙な業務内容

医療において医師の存在は欠かせず、その存在があるからこそ看護師やヘルパー・リハビリ職員が行動できるといっても過言ではありません。医療は医者の指示によって初めて行動が出来るため、常に指示内容の確認や更新などが必要となります。特に担当する患者数が多い医師に関しては多忙を極めます。そこに加えて家族への説明や守秘義務・外部とのやり取りなど業務内容はどの医療職種よりも多く、責任も伴います。多忙を極める中で、周りがいかに支えられるかが重要となります。

多忙を極める医師について

一般的に医師は多忙な職業と考えられていますが、実際に忙しさは専攻によって大きく変わってきます。特に忙しいので有名なのが脳神経外科、循環器科、救急科などです。救急疾患で多忙なのは、外科系や循環器系と言われています。また、医師は、昼間の日勤だけでなく夜間の時間外診療に出向くこともよくあります。さらに勤務する病院、病院の立地条件によっても忙しさに大きな差が出てしまいます。逆に、療養を目的とした病院などでは夜間に呼ばれることはめったにありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師免許を取るまでの流れ. All rights reserved.