トップ / 医師が独立するために必要

東京都

医師の独立開業にいくらかかる

医師の独立開業には、約5000万円が必要とされています。が高度な検査機械を設置すると、リース契約でも最低1億円は必要とされています。内訳として、建物費用で3000万円で、これはテナント入居だと大幅に減りますので、最初は自己物件の開業よりもリスクは減らすことができます。しかしながら、医院には、診療する科にもよりますが、医療器材や医療備品を設置しないと運営できないため、この経費が、リースでも最低2000万円は必要ですので、やはり開業独立には、最初から自己の不動産は控えたほうがいいです。後は大きな金額として、スタッフへの募集にかかる経費です。医師一人で病院は運営できません。医療を補助する看護師やレセプトを処理する医療スタッフがを最低人員を集める必要があり、この募集広告にも経費が掛かります。またこのスタッフへの初期の段階での給与の資金が必要です。保険報酬は後払いなので、資金の回転の余剰がないと初期で躓くので余裕をもって資金調達をしないと経営が回りません。

独立をすることのメリットとは

医師が独立をする場合には資金調達等などの高いハードルがある反面、たくさんのメリットもあります。まず、大きなものとしては自分の医院を持つことができることがあります。独立をすることによって達成感を得ることもでき、何よりも自分の理想とする医療を追求することができるようになります。また、将来に向けての向上心を持つことができ、次へのステップにも意欲を持つことができます。医師が医院を持つということは、自分が医療も含めた全てにおいて判断をすることが求められるために責任が重くなる反面、やりがいが生まれ、また、それに比例して収入も多くすることができます。頑張った分だけ収入が増えることになり、それは大きなモチベーションにつなげることができます。患者と向き合う場合においても、1人ひとりに向きあった医療を行うことができることもメリットにはあり、また、働き方が自由になることもあります。勤務の場合には様々な状況に対応をしなければならず休めないことも多くありますが、独立をすることによって自分のペースで仕事を進めることができるようになります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師免許を取るまでの流れ. All rights reserved.