トップ / 飽和状態の医師について

東京都

歯科医師は既に飽和状態

現在、医師は数が不足していますが、歯科医の数は飽和状態となっています。歯科の場合、歯科大学があることや、内科や外科と比べて簡単になれるということもあって、数が増加している割に開業する場所がすでに飽和状態になっています。歯科医院が多い地域においては、廃業する医院も出てきており、歯科医になっても働く場所がないという深刻な事態になりつつあります。一方、内科や外科は、慢性的に医師不足している傾向があり、特に過疎化の進む地域では社会問題となっています。

飽和状態でも医師は憧れの仕事

医学部を新たに設置する大学も少なくなく、医師は飽和のスケールになっているとは言え、皆が憧憬の念を抱くのには違いありません。その理由としては、人の命を救い、身体を治すという究極の職業であるからです。白衣もそのカッコよさを強調する役目を果たしています。全般的に飽和だと誰しも感じているにも関わらず、優秀な医師の出現を願わずにはいられないのは、できれば健康で長生きしたいからです。技術面だけでなく、暖かい心で接してもらえれば、尚うれしい限りです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師免許を取るまでの流れ. All rights reserved.