トップ / 医師の学会への参加は必要

東京都

医師はなぜ学会に参加するか

学会に医師が参加するため、病院がお休みになることがあります。これは専門分野の勉強会の意味があり、日々進化する医療や科学の技術を理解する、医療水準の向上をする、という目的があります。日本内科学会の他、120以上の種類があります。内容は症例の発表や新しい治療法についての説明、医師同士の交流があり、1日から2日ほどかけて行います。大きなものは年2回ほど病院から出張費用がでますが、小さいものは実費にての参加になります。

医師が所属している学会とは

医師が学会に参加することがあります。この学会は勉強会と医者同士の交流が目的で、医療の実際の臨床結果の報告や新しい医療の紹介などを行っています。任意で加入することができ、加入するとその医療分野において専門医として認定されます。種類は120種類以上あり内科のほか高血圧や脳卒中、アレルギーなどより具体的なものもあります。大きいものは年に2回ほど開催されますが、小さいものは頻繁に行われている場合もあります。医師と医学向上のための集まりといえます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師免許を取るまでの流れ. All rights reserved.