トップ / 医師が訴訟を起こされる

東京都

医師と訴訟のリスクについて

医師は医療ミスや患者への対応のまずさですぐに患者やその家族等から訴訟を起こされる可能性が高くなっています。昨今、コンプライアンス、患者の人権というものがより重視されるようになり、訴訟を起こされる確率は高くなっています。今後、このような状況に対応するためには日頃から医師が患者とコミュニケーションを取り、リスクが発生した時はすぐにミスを認め、問題を改善する事です。行動が遅れるとそれを起こされる可能性が高くなります。

医師に対する訴訟のリスク

医師が行う医療行為にはミスや副作用といった予期しない結果が発生するリスクが常につきまといます。これを医療過誤や医療事故といい、何かしら患者が被害をこうむった場合、訴訟による損害賠償請求まで発展することがあります。アメリカでは過去にこうした訴訟が多発し、高額になる保険金をまかないきれなくなった医師が相次いで廃業するといった事態になった経緯もあります。保険への加入はもちろんですが、患者に対するリスクの説明といった意思疎通やカルテの整備が重要な対策となっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師免許を取るまでの流れ. All rights reserved.